遺言
離婚
賃貸借
金銭消費貸借・債務弁済
委任・任意後見
死後事務委任
尊厳死宣言
定款
認証
確定日付
よくある質問
手数料
所在地・地図

2012年3月30日より

死後事務委任契約とは、委任者(本人)が第三者(個人、法人を含む。)に対し、亡くなった後の諸手続、葬儀、納骨、埋葬に関する事務等についての代理権を付与して、死後事務を委任する契約をいいます。


【1】医療費の支払いに関する事務
【2】家賃・地代・管理費等の支払いと敷金・保証金等の支払いに関する事務
【3】老人ホーム等の施設利用料の支払いと入居一時金等の受領に関する事務
【4】通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する事務
【5】菩提寺の選定、墓石建立に関する事務
【6】永代供養に関する事務
【7】相続財産管理人の選任申立手続に関する事務
【8】賃借建物明渡しに関する事務
【9】行政官庁等への諸届け事務
【10】以上の各事務に関する費用の支払い
委任者(ご本人)と受任者(お願いされる人)は、各人が【1】〜【3】のいずれかをご用意ください。
【1】印鑑登録証明書(3か月以内)と実印
【2】自動車運転免許証と認印
【3】住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印
【1】1回目:受付日
委任者(本人)と受任者(お願いされる人)が必要書類を持参してください。
↓ 〜約1週間後〜
【2】2回目:死後事務委任契約公正証書の作成日
委任者と受任者が実印(または認印)を持参し、死後事務委任契約公正証書を確認し、その内容で良ければ署名押印をしていただきます。
11,000円+正本謄本代(3,000円程度)
正本を受任者に、謄本をご本人にお渡しします。